法律を知らない経営

会社経営をしていく上で、知らなかったで済まされないのが法律違反です。
もし多くの従業員がいるとして、法律違反をしてまま経営していたということになると、多くの方の人生を狂わしてしまうことになります。

会社の経営に関しては、会社法という法律が軸となって、様々な経営についての法律が制定されています。
普通の経営では、違反なんていうことはないと言うのがほとんどですが、今の時代、どんなことがあるかわかりません。

例えば、取引先との契約などをしようという時には、契約書が取り交わされることになりますが、その内容を全て熟知している経営者は少ないでしょう。
形式上のものととり得ることが多いですが、もし顧問弁護士が存在しているとしたら、その内容を全て確認することが可能です。
もちろん顧問弁護士でなくてもよく、単に弁護士がいれば良いことです。

顧問弁護士や弁護士は必ずいなくてはならないものではありませんが、その取引先が怪しいところだったり、契約内容で不利になることも考えられることです。
健全経営をしていく上で、企業拡大をしていく野望があるのなら、顧問弁護士の存在は大きいと認識することが大切です。

現在日本の会社で顧問弁護士が在籍しているのはほんの一部でしかないと言われています。
経営が法律と密接と関係しているということを認識していない、今までそんなに被害がなかったから大丈夫という自信からこういった状況になっていると言われていますが、今後は、顧問弁護士の在籍がどれだけ大きい物になるのかということを認識するような事態が起こらないとも限らないとされています。


[Special Link]
顧問弁護士に依頼する際にかかる費用について気になる方はこちらのサイトが参考になります…顧問弁護士 費用

Copyright © 2014 顧問弁護士と会社経営 All Rights Reserved.